介護タクシーの自費ってどれくらい?実際いくらかかるの?

介護タクシーの自費ってどれくらい?実際いくらかかるの?
介護タクシーには介護保険適用と保険適用外(保険外)がある

介護保険で定められた利用範囲であれば、ケアプランに組み込むことで介護保険が適用となり、自己負担額自費)が軽減されます。

一方で、介護保険適用外のタクシーもあり、その場合は全額自己負担(自費)となります。

費用だけでなく、利用用途やサービス内容も異なります。

介護保険を利用しない(保険外)介護タクシーの利用

介護保険適用の介護タクシーは、外出目的や利用条件に制約があるため、少し使いにくさを感じることがあります。

そのような際は全額自費となりますが、介護保険を使わずに介護タクシーを利用する方法があるんです!

利用対象者

要支援や要介護の高齢者を対象としています。

サービス利用目的

利用目的に制約がないため、介護保険サービスでは適用外だった下記のような利用も可能です。

  • 仕事、習い事、ドライブ、旅行などの趣味や嗜好のための外出
  • 理美容、冠婚葬祭、日用品以外の買い物
  • 病院の入退院・転院などの一時的な利用 など

介護保険外の介護タクシーを利用するメリット

5つのメリット
  1. ケアプランを作成する必要がない
  2. 必要な時にその場ですぐ予約できる
  3. 家族の同乗が可能
  4. 病院内の付添い介助も可能(※1)
  5. 自宅⇆病院 以外の目的地間の移送も可能(※2)

(※1)
⭕️受付
⭕️受診
⭕️会計
⭕️処方箋

(※2)
⭕️病院の帰りにスーパーに寄る
⭕️銀行や役所にいく
⭕️家族で外食にいく
⭕️結婚式に参加する
⭕️お墓参りにいく

介護保険外の介護タクシーを利用するデメリット

デメリットはほとんどなく、介護保険適用の介護タクシーに比べて料金が高いことぐらいです。

サービス内容と注意点

介護保険適用のタクシーではできなかった利用目的でも利用が可能です。

ただし、介護関連資格を持っていても、実際に介助することが難しい運転手もいるため、身体介助の対応可否など要望に応えられるか事前に確認しておくと良いでしょう。

料金の仕組み

介護タクシーの料金の仕組み

介護保険外の介護タクシーの料金は「介護タクシーの運賃+介助料+車いすやストレッチャーなどの介護機器レンタル料金」で構成されています。

  • 送迎料金(指定の場所までの迎えにかかる費用)
  • タクシーの運賃(移動にかかる費用)
  • サポート料(介助のための費用)
  • レンタル料(車椅子やストレッチャーを借りるときの費用)

「時間制運賃」や「距離制運賃」を導入している介護タクシーもあり、各社で料金設定が異なるので事前に確認しておくことが大切です。

介護タクシーの運賃

通常は一般のタクシーと同程度のメーター料金で徴収するケースが多いようです。

独自の「時間制運賃」や「距離制運賃」を採用している事業者も多くみられます。

その場合の料金の目安は以下の通りです。

時間制運賃

例)30分毎1,000円、または30分500円+以降30分毎に2,000円など

距離制運賃

例)2キロ750円+1キロ毎300円(迎車含む)など

このほかにも、病院の院内同行や観光、冠婚葬祭などの場合は貸し切り料金設定をしており、目安は2時間10,000円~5時間25,000円ほどです。

他に予約料や当日キャンセル料(無料~500円程度)や待機料が加わることもあります。

介護タクシーの介助にかかる費用

介護保険が適用されない場合は全額自費となり、利用者に必要な介助に応じた料金が加算されます。

料金の目安は次の通りです。

基本介助(乗降介助) 500~1,500円
階段介助(スタッフ一人につき) 1,000円~2,000円
室内介助 1,000円
外出付き添い 1,200円
病院内介助
30分900円 など

介護タクシーの介護器具のレンタル費用

利用者の必要に応じて発生する料金です。

料金の目安は次の通りです。

車いす 無料~1,400円
リクライニング車いす 1,000~2,000円
ストレッチャー 2,000~4,000円

他に、酸素吸入器などの医療機器をレンタルしている事業者もあります。

介護タクシーで使われる車の種類

介護タクシーに使われる車両の種類は、車いす専用のリフト車やスロープが付いたワンボックス車が主流です。

また、大きさも軽バンからハイエースなどのワンボックスカーまであり、車種によっても金額が変わってきます。

なるべく料金を抑えたい場合は軽バンを利用されることをおすすめします。

介護タクシー軽バン

車内を広々使いたい方や、リクライニングやストレッチャーで乗車される場合はノアやハイエースなどの少し大きめの車両がおすすめです。

介護タクシーワンボックス

まとめ

定期的に通院される方や外出時に介護タクシーの利用が必要となる方にとって、介護タクシー選びはとても重要になってきます。

よりよい介護タクシー事業者に出会えれば、介護タクシーを安心して利用でき、外出がより快適なものとなります。

介護タクシーのサービス内容や利用条件、料金設定は各社によって大きく異なってきます。

最近では、男性だけでなく女性ドライバーも増えており、相談によっては同性介助をお願いすることも可能です。

介護タクシーを利用するときは、まずはケアマネジャーに相談してみると良いでしょう。

関連記事

  1. 介護保険を使った介護タクシー

    介護保険を使って介護タクシーを利用する方法

  2. 介護タクシー開業方法

    介護タクシーの開業方法【徹底解説】

  3. 福祉車両の種類とは?その特徴は?

    福祉車両の種類とは?その特徴は?

  4. 介護タクシーの予約についてQ&A

    《Q&A》介護タクシーの予約について

  5. 介護タクシーの予約方法と流れ

    介護タクシーの予約方法と予約の流れを徹底解説!

  6. 介護旅行の料金を徹底解説!

    介護旅行の料金について徹底解説!料金の内訳は?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。