フランチャイズで介護タクシーを開業するメリット・デメリットは?

フランチャイズで介護タクシーを開業するメリット・デメリットは?

介護タクシーで「独立開業」をしたいけれど、専門知識やノウハウがなく、明確なビジョンを思い描くことも難しい。

そんな人におすすめしたいのが、介護タクシーの「フランチャイズ」への加盟です。

そこで今回は「フランチャイズ」での独立・開業に関する情報を紹介していきます。

フランチャイズとは?

フランチャイズとは?

「フランチャイズ」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

多くの方が真っ先に街でよく見かけるコンビニエンスストアを思い浮かべると思います。

ですが、最近では他にも「フランチャイズ」を展開している業種は多くあります。

例えば、ラーメン屋、定食屋、弁当屋、レストランなどの飲食店、学習塾や各種スクール、ハウスクリーニングや修理業、理美容店やエステサロン、などなど。

ジャンルも幅広く、多くの企業がフランチャイズ化しています。

最近では介護業界も訪問サービスや訪問リハビリ、デイサービスなど様々なサービスのフランチャイズ化が進んでいます。

その中でも、介護タクシー業界では多くの方がフランチャイズに加盟し、開業しています。

フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは加盟する事業者が、フランチャイズ本部からお店の看板や確立されたサービス、商品を使う権利をもらい、その対価としてフランチャイズ本部にロイヤリティを支払う仕組みのことをいいます。

フランチャイズ本部は、新しいオーナーを随時迎え入れ、短期間で成果の出る店舗・事業所をつくっていきます。

仕入れ・販売・集客・採用・商品開発など、ビジネスを行う上で必要な各要素を「パッケージ」にすることで、未経験からでもしっかりとビジネスを行うことができるように構築された仕組みがフランチャイズです。

それぞれのノウハウは専門的な知識と経験が必要なものですが、加盟店はそのノウハウを、一度に手に入れることができます。

ノウハウを受け取る代わりに、加盟店のオーナーは「ロイヤリティ」を本部に支払う、というビジネス構造となっています。

フランチャイズで介護タクシーを開業する際のメリット・デメリット

フランチャイズで介護タクシーを開業する際のメリット・デメリット

フランチャイズに加盟している介護タクシー事業所は、「独立開業」するにあたって、フランチャイズ本部から様々なサポートを受けることができます。

フランチャイズに加盟することで、「個人事業」や「法人」を立ち上げるよりも、経営者としてのハードルは低めで、安心感があることはたしかです。

しかし、フランチャイズへの加盟も、人によって「向き・不向き」や「メリット・デメリット」があり、「独自開業」と「フランチャイズ」の違いをしっかり把握することが大切です。

フランチャイズに加盟する介護タクシー事業者のメリット

フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリット
  1. フランチャイズ本部からのサポートを受けられる
  2. フランチャイズ本部がすでに広いネットワークを持っている
  3. ブランド力や知名度を利用できる
  4. 金融機関からの信用も得やすい

①フランチャイズ本部からのサポートを受けられる

経営指導や研修など、開業前も開業後もサービスのノウハウを継続して受けることができるメリットは大きいです。

②フランチャイズ本部がすでに広いネットワークを持っている

すでにフランチャイズ本部が大きなネットワークを持っていることが多く、病院やケアマネージャーなどからの紹介も多く、集客面での新規開拓もさほど必要ないでしょう。

顧客獲得のための営業も手間を抑えられる場合があり、未経験の方でも安心して開業することができます。

③ブランド力や知名度を利用できる

一度、同じフランチャイズ名の介護タクシーを目にしたことや聞いたこと、利用したことがある人は、同じ看板を掲げていることにより、自分の知らない介護タクシー事業所より、必然的に安心感を覚え、予約に繋がる可能性があります。

また、宣伝や広告などもフランチャイズ本部が主導することが多いので、加盟している介護タクシー事業所は自分の経営に専念することができます。

④金融機関からの信用も得やすい

実績のあるフランチャイズであれば、金融機関からの資金調達が比較的容易なため、一から資金繰りをしなければならない独自開業よりも金銭的負担が少なく始められます。

フランチャイズに加盟する介護タクシー事業者のデメリット

フランチャイズのデメリット

フランチャイズのデメリット
  1. 運営をしていく上での自由度が低い
  2. フランチャイズ本部の影響を受けやすい
  3. ロイヤリティを継続的に支払わなければいけない

❶運営をしていく上での自由度が低い

フランチャイズは、本部が提示する経営理念やマニュアルを忠実に守らなければならず、ノウハウは標準化・システム化されているので、独自開業に比べて、加盟店側が独自性を発揮する余地は少ないです。

契約も基本的に一律なので、個別の希望は通りにくく、全てを自分で創意工夫したい人には、フランチャイズ加盟は不向きかもしれません。

❷フランチャイズ本部の影響を受けやすい

フランチャイズ本部の経営状態の悪化やトラブルによるイメージダウンの影響を受けやすいのも、全てが自己責任の個人開業とは違う点です。

❸ロイヤリティを継続的に支払わなければいけない

一般的には、ある一定の売り上げ金額に到達しなければ、ロイヤリティを支払う必要がないところがほとんどですが、契約内容によっては、売上が思うように上がらない場合でもロイヤリティを支払う義務が発生したり、契約途中で廃業する場合は、違約金を支払う可能性があったりします。

また、フランチャイズ契約を終了しても、一定期間は同業で開業できない(競業避止義務)など、様々な制限がつく場合もあります。

フランチャイズに向いている人はどんな人?

上記で説明したように、メリット・デメリットは様々ですが、実際にフランチャイズに向いている人は大きく分けて「開業資金などの資産が足りない人」、「とにかく独立したい人」が当てはまります。

開業資金などの資産が足りない人

個人で独立開業するには、下記項目をクリアするための資金が必要になります。

「ヒト」=人脈やネットワーク
「モノ」=福祉車両の調達や、事務所・駐車場の確保
「カネ」=その他開業にかかる資金など

上記にかかる資金が十分でない人にとって、フランチャイズは大きな味方です。

とにかく独立したい人

現状を打破し、新たな人生を自分の手で切り拓きたいと考えている人にとって、フランチャイズは最適な方法だと考えられます。

独立開業はしたいが、「個人事業」や「法人」設立はハードルが高すぎる…と感じる人は、フランチャイズに加盟した方が安心して開業できるでしょう。

まとめ

介護タクシーフランチャイズまとめ

素早く開業でき、経営に失敗する可能性が低いなど、良いことづくしに見えるフランチャイズですが、注意すべき点もあります。

介護タクシー事業を展開する、フランチャイズ本部選びもとても重要です。

まずは広範囲な情報収集をすることをおすすめします。

ある程度の情報収集ができたら、個別のフランチャイズ本部の資料を取り寄せ、詳細を比較しながらそれぞれ検討してみると良いでしょう。

関連記事

  1. 中型車(ミニバン)の福祉車両とは?その特徴は?

    中型車(ミニバン)の福祉車両とは?その特徴は?

  2. 介護タクシー開業方法

    介護タクシーの開業方法【徹底解説】

  3. 福祉車両の種類とは?その特徴は?

    福祉車両の種類とは?その特徴は?

  4. 軽自動車の福祉車両とは?その特徴は?

    軽自動車の福祉車両とは?その特徴は?

  5. 大型車(箱バン)の福祉車両とは?その特徴は?

    大型車(バン)の福祉車両とは?その特徴は?

  6. 介護タクシーをフランチャイズで開業する際の心得と本部選びのポイントは?

    介護タクシーをフランチャイズで開業する際の心得と本部選びのポイントは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。